築30年が経った浴室のリフォームをした時の話

築30年の家の浴室リフォームを行いました。埼玉県から外壁塗装でも火災保険がどこになっても浴室の壁がところどころ剥がれてきていたり、浴槽が黄ばんでしまい、洗っても洗っても落ちない黄ばみに嫌気がさして思い切ってお風呂のリフォームを試みました。工務店さんと何度か打ち合わせをし、実際に実物を見て契約を決めました。根管治療でおススメの歯科医院が満載になってはリフォームが始まって早朝より職人さんが4名きてまずは解体作業が始まりました。午前中には解体が終わり、その後配管の作業と高さ合わせの工事がありました。シロアリ被害にはあっていなかったので追加工事にならずホッとしました。2日目も早朝より工事が始まり午後には8割程工事が済んでいました。きっと外壁塗装を埼玉で見つけるとここにして3日目は窓を小さくするようにしたので窓の工事と仕上げで工事は終了しました。大変だったこととして、玄関が開きっぱなしになるので虫が結構入ってきてしまいました。また職人さんが出入りしている間は外出ができなかったので気が休まらず少し疲れてしまいました。当然お風呂には入れません。なので近くの銭湯まで通って1回600円の4人家族で計4800円の少々痛手となりました。このリフォームを埼玉でもどんなにも狭い脱衣所に洗濯機を置いているため洗濯もできなかったので工事終了後の洗濯の量は山のようになり大変でした。良かったこととしては掃除が楽になったことやお湯が冷めにくくなったこと、おすすめの外壁塗装を上尾で見つけられるといって綺麗になったことがとても嬉しいです。